BLOG

ブログ

女性がキックボクシングを続けれな理由!ベスト5

女性かキックボクシングを楽しめない理由ベスト5

キックボクシング 難波

1、男性と同じやガチなジムだと場違いを感じる

入会を検討される方が1番多い質問です。

キックボクシングが競技である以上選手は、プロ選手が所属しており試合に向けて練習している。

そんな光景やジムももちろんございます

そこで一番多いお悩みが一生懸命試合に向けてやってる人の横で、フィットネス感覚でトレーニングをして良いのだろうかという?

ていうこと思ってしまう方が多いと思います。

キックボクシングは試合に出るだけが、全てではなく、それぞれの目標や目的に向かってキックボクシングのトレーニングを行う。

それだけで充分キックボクシングのトレーニングをする意味がありますなので、やる理由はどんな理由でもあれ堂々とジムに行きましょう。

もし怖くてそういうジムに行けない!!そんな方は女性専用やフィットネス専用と謳うジムを選びましょう

トリガーフィットネスは女性専用のキックボクシングになりますのでご安心ください。

2  男性が多いので環境や匂いが苦手

近年女性に人気のキックボクシングですが

まだまだ男性のスポーツであり女性館員が増えているとはいえ、ジムにはやはり男性が多くなります。

そこで考えられる問題は男性が特別と言うわけではありませんが、どうしても汗臭い臭いは強くなります。

そしてロッカールームも女性と男性用に分かれます。

やはり女性のロッカールームは小さくなりがちになります。気にならない方は気になりませんが、女性は清潔感や臭い物を気にする方が多いので。

トレーニングは気にいってても、施設の環境が合わない等で続かない人も多いです。

トリガーフィットネスは一流デザイナーにデザインをしていただいたジムになりますので更衣室からトレーニングルームまで快適な作りになっております。

3 怪我などをしがち

たまに見受けられるのが怪我などをしてジムいけなくなるそういうことです。

女性は男性と比べて関節部分が弱いため、男性が打つサンドバックと同じサンドバックのバックで練習しても手首や拳を痛めたりしがちです。

筋肉もどうしても少ないため、男性と女性が同じメニューをするとオーバーワークになりやすく、女性の体に合わせたトレーニングメニューが必要です。

まだまだ男性トレーナーが多いジムが多いですが少しずつ女性トレーナーも増えております不安な方はそんな自分を選びましょう。

当ジムは女性が怪我をしないようにミットなども女性用の柔らかい素材のやつを使っております。

もちろんその方に合わせて練習の強度等を調節しており、またストレッチの指導もしっかりしております

4 自分のペースで練習できない

キックボクシングジムにはヨガ教室みたいに合同で練習するようなジムも多いです。その場合先生1人に対して10から20人で合同で練習を行います

メリット、デメリットは、ございますが10人から20人ですとどうしても技量、体力に差があるため同じ練習をするのはしんどくなります。

また技術もできてなくても、他の方ができていたり逆に自分ができていても他の方ができていなかったりで、自分のペースで練習する事は比較的難しくなります

またお互いにミット持ちをすることも多く、ミットを持つことが苦手な女性も多いのも事実です。

当ジムはミット打ちの相手をトレーナー自身がおこないます、のでお客様自身の上達度に合わせてミットを行います

また合同練習ではないためお客様自身がミットを持つようなこともありません。お客様のペースでトレーニングが可能です。

5 上達を感じれない

キックボクシングは競技であるため、パンチやキックにおいても正しい打ち方、正しいやり方がございます。

正しい打ち方で行えるようになると、よりボディーメイクに効きやすくダイエットも効率よくなります。

うまく打てるようになると、ミット打ちでもより音が気持ちよく、感触も気持ちよくなります。ですので「達成感」や「充実感」っても味わえるようになります。

そのために、細かな指導が必要になります。

合同トレーニング制であったり、男性が多いジムになると、なかなか一人ひとりに対する指導の時間も減っていきますます。

当ジムはフィットネスジムではありますが「楽しく、正しくキックボクシング」をしてもらう!!それをモットーにをしてジムを運営しております

ミットもマンツーマンになりますので必ず指導する時間がございます。

また経験豊富なスタッフもたくさんいますので、しっかりとしたキックボクシングを教えることが可能です。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 女性がキックボクシングを続けれな理由!ベスト5