BLOG

ブログ

食べた物で自分が作られている〜食事を見直すだけで体と心が変わる

ダイエットやボディメイクで大事なのは「バランス」

バランスと言っても何の?と思いますが?

それは「運動習慣」「食事習慣」「生活習慣」のバランスです。

キックボクシングをして筋肉を鍛えても、質の高い栄養が取れなければ筋肉は強くなりませんし、をして栄養をとっても休息がないと、これまた筋肉は強くなりません。

そこで今回は大事な「食事習慣」についてご説明したいと思います。

まずは食事の重要性の説明から

ダイエットやボディメイクで大事になるのは「脂肪を落とす➕筋肉をつける」という所が大事になります。

トレーニングで傷ついた筋肉は 栄養 と休養でにより前より少し強くなって復活します。

大事な「食事習慣」についてご説明したいと思います。

まずは食事の重要性の説明から

基本的な項目になりますが、栄養バランスには 

糖質 タンパク質 脂質

の項目があります。

  

筋肉を作るための栄養素はタンパク質になりますが

もちろん糖質や脂質なども必要であります。

このタンパク質が不足すると筋肉がつかないどころか様々不調が出てきます。

肌質が悪くなります。(コラーゲンはタンパク質の一種」

髪がパサつきやすくなります。

爪が割れやすなったします。

ボディメイクにはどれぐらい必要?

目安の摂取目標は「体重✖️1・5g〜2g」と言われています。

体重が50キロの方なら、「約100g」が目安になります。

健康維持には「体重✖️1g」が目安と言われています。

普段の食事でどれぐらい取れるか?と言えば

例えば私が大好きな「ほっかほっか亭」の唐揚げ弁当を例に挙げると

「約40g」です。

あくまでも目安ですが、、、、なので1日3回食べればある程度タンパク質は摂取できますね!!ただ現実的な食事ではないので、ではどれぐらい平均的にタンパク質が取れているか?といえば

厚生労働省の資料からですが

dあ

だいたい1日で60〜70gぐらいとなっています。

なので「プロテイン」「サラダチキン」などで手軽にタンパク質を補給することが大事になります。

殆どが人がタンパク質は足りていないと思いましょう!

タンパク質が心の健康の為にも必要!!

タンパク質は筋肉を作る為に必要ですが、脳や心の為にも必要です。

例えば幸せホルモンと言われる「セロトニン」とはストレスに対する効能のある脳内物質です。

セロトニンは精神の安定や安心感、頭の回転を、よくして脳を活発に働かせる鍵になります。精神安定剤とよく似た構造をしています。

逆に不足すると、イライラ感、向上心の低下、鬱症状、不眠などになりやすくなります。

ぞくに言う「やむ」状態です。

よくセロトニンを出すには「日光を浴びる」「リズム運動」「深呼吸」などが挙げれますが、それ以前にセロトニンの「元」が必要です。

それが「タンパク質」であります。(アミノ酸のトリプトファンという物質です)ですので

セロトニンの「元」がある→日光を浴びる→「セロトニン」が分泌されて→ストレス解消

ですので

タンパク質は心身の健康に大変必要になります。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 食べた物で自分が作られている〜食事を見直すだけで体と心が変わる